かたち惑星0916

地面に落ちた青葉を掌に載せて愛でることが可能な星の話

父へ・私へ・息子へ・縷々転々

気づかせないでください
時を止めないでください
家族を止めないでください
夫婦を止めないでください
家事を止めないでください
友情を止めないでください
電気を止めないでください
労働を止めないでください
愛を辞めないでください
子供が泣いていていいんです
不自然な世界を見せないでください
嘘が嫌いだ。引け目がちな胸がぶるぶると緩い水玉のように微動する私。
私を気づかせないでください。
労働しないといけないんです。
労働への架け橋を壊さないでください。
私に気づかせないでください。
思考は歪んでいません。
足りませんでした。欲張りでした。
引きづられていますね。僕も母も父も祖父も祖母も。
僕たちの問題ですね。
僕に解決出来るものは解決します。
息子、娘。
私は気づかせます。私が気づいているのだから。
私は不幸で不順で愚かです。
あなたたちを気づかせる素質に満ちています。
私の才能を咲かせます。あなたたちの存在が私に気づかせます。
私はあなたを殴ります。蹴ります。呪います。唾を吐きます。
あなたたちに力はなく、あなたたちは私を呪い恨む。
子々孫々。これは私たちの宿命。
なにかを逃した。とても大切な、言葉。
テレビを破壊しましょう。本は燃やしましょう。家も燃やしましょう。親にはガソリンをかけましょう。
気づかせないでください。気づかせるなら、辞めてください。人間。
馬鹿。君になにが出来ると思うの。そんなこと、常に行われてきた。
確定事項にいつまでも頭を悩ませる君は偽善者
偽善者って好き。軽い言葉をあなたにあげる。本当のところ、よくわかんないし、どうでもいい。
生まれる奴は生まれるし、殺される奴は殺されるし、死ぬ奴は死ぬ。
私を救わないでください。私が願う道を教えないでください。
私に芽生えた草を伸ばしてください。
偽善者は辞めてください。私を殺した方が救いでした。
家族でいたいです。
一緒にいることが家族ではありません。
鼓動を辞めないでください。
別の女とヤってください。母を殴ってください。息子を殴ってください。
だらけてください。仕事辞めてください。酒飲みまくってください。
放ったらかしにし続けてください。生まれる価値などなかったと言ってください。
生きてください。あなたを生きてください。
お願いです。僕のお願いです。
偽善が一番傷つける。それしかなかったにしても。