かたち惑星0916

地面に落ちた青葉を掌に載せて愛でることが可能な星の話

無口

「訳と」
「理由を」
「お話くださいな」
お話が必要だとか。端の人種の言葉の先に揺れたのとか、実は一番傲慢な人は君だとか、もう僕には感知できない空間で生きる、最初からそうだったものたちは、普通に傲慢に生きているのだから、相対的に名付けられた僕の人種を僕は認めるなんて、いつまでも馬鹿な話と呟き続ける。
自分の立ち位置、我が一族の希望よ希望。あの人間に憧れた。絵を描く、歌う、踊る、演じる、走る、投げる、そんな彼らに私はなりたかった。
なりたい彼らは皆んな私を生きている。私を呟く以外道なんて存在しない。始まりはいつも雨でした。そんな始まり、始まり。そもそも人間は孤独なのよね。こんな言葉の使い方は、歯車として廻り続ける、人間の使い方。そう言いつつも、私は私以上の世界でなんらかの歯車として設定されている。
世界を知ることは私に戻るためなんて考えでは外では潰れてしまうだろう。始まりが全てを決定している。自殺もいじめも皮肉も虐待も始まりが決定する。始まりに抗おう。その為に始まりと同等の行為を私はやっちゃいますとか言っちゃいます? それこそ傲慢で自分第一だとか、これこそただの評価なのに、大きな釘で叩かれているような、でも別にそんなの関係なく生き続ければいいんでしょうとか言っちゃって、肉体が耐えられない人の行為を受け止めてちゃったりします?
「話は存在しなかった」
「私は何もない」
「何もないことこそが私」
お話の森で、森で、よたれる。甘えている君に槍を刺す。言葉が存在し続ける森だから、僕はまるで居てはいけないように見える傍観者の域を出ない僕。言葉が存在し続ける森の部外者たる僕、僕、僕、僕の居場所を知る為に、僕は、僕は、僕は、一体僕は何をするというの? 天を越える螺旋階段を登り続けることは僕は好まないから、拒否したから、様々な様々な、忘れた、僕は知りたいとか言って、全て嘘をつく。
「全ては始まり」
「全ては終わり」
「始まりと終わり以外に興味なし」
始まりと終わり以外に興味なしとか。其処にいれば、ば、ば。私たちが認められるもの。言葉を話し続ける、私の中を世界に出すことを躊躇しない割合がどれほど多いと、とかいう話なのかい? 哲学を知らないよ、僕は自分に引き篭もることを、第一にしたとか、其れはお為ごかし。本当の話、本当の話は、一体一体どのようにすれば。自殺、殺人、放火、傷。この感情が先なのか、後なのか。後付けして、納得した気になって、全部嫌だ。俺は一体何とか言っている。話さないことが第一。
「その理由は」
「その理由は」
「一体なに」
わからない。自分で考える、ふふ。分からずにとかも、言葉は全て、動かすことも。全ては僕にとっては嘘である。他の、別の、誰かさんの本当のようなやり方とか。オカしいんだよ。最初がね。そう言ってみることにして、放ったらかし。この文章もただ置かれて失楽園行き。黄色の薔薇が詰まった電車が傾斜のキツい住宅街の丘を無人で進み、失楽園へ消えていく。そうして、そうして。

迷いましょう

あなたに対して思っていることを言おう
頭の中では駄目なの。私は生きているよ
怯えていたの。言葉はナイフだから
加害者になりたくないの
未来だった今日の可能性が泳いでいるわ
地球を泳いでいるわ
私も泳いでいるのね
死んでも泳いでいるのよ
大切な部分
言葉の果て
会いたかった会いたかった
あれでは駄目!
私頭で生きていたのよ
手を使え
手を知らなかった
足を使え
足を知らなかった
もっともっと伝えやすい言葉?
気の抜けた言葉なんて殺してやる
私の未来を私が否定するならば
世界を護って
君だけの宇宙を護って
君だけしか知らない世界
私に影響を与えて
私の世界を揺さぶるの
それこそが至上じゃない?
愛してっ
愛を知らないの
ナイフで遊びましょう
お互い傷つきましょう
どうでもいい人たちとどうやって生きてきた?
怯えていたわ
加害者になることに
だからあなたと会えないのね
ごめんなさい
あなたも嘆いているのでしょうね
十年後
たぶん会えるね
それまでは
お互いに迷いましょう

踏まれる者は呟け

返事や逃避や出まかせでしかない言葉なのに
僕には命令のような運命のように授けられた
僕は言葉を考える
僕は言葉から逃げようとする
事象ではなかった
感情ではなかった
言葉が人間のように生きている
僕の世界だ
逃げられない
人に囲まれた僕の言葉
私だけの世界です
私に踏みつけられるのはなに?
踏みつけられた者よ。私を刺して
私の目に映って
私を驚かせて
私が生きていることを証明して
お願い
弱者よ
弱者よ
弱者よ

名物なるわ

学問の徒さんが凄まじく楽器持ってるし人多しで、あっ、あれなんだったっけなぁ。たしかしゃぼん玉。原理は知らずに世界を強引に絵の具で塗り潰す風、風がそのものを半ば拒否する私のもとへ降り注ぐ。
二階広い部屋に篭り外とつながる窓から眺める。聴く。触れられない。音符もしゃぼん玉も吹き矢も免罪符もポスターもいろいろなものが色を失い枯れた水を描きながら更に進んでいく風とともに。
全てである。触れれば、消える。あれは手で触れられない。人の手により為された全て、風に乗ることが可能な彼ら、人には乗れないからこそ、私が触れれば消える。
子供が春に命を預けた田んぼをかけていく。手には棒を携えた網。
「大人の言葉を拾っているのよ」
私だけに見える、誰の心にも住んでいる中原岬嬢が青く雲がぷかぷか浮かぶ空で呟いた。
中原岬嬢が言わずとも私も昔は、この町で年の中を進行する子供、1996年から一年一年、大人の言葉を拾っていきてきた。
大人の言葉の拾いかた、そんなものを教えなくても、一年に区切られた結晶の中で、延々と、誰が言うこともなく、棒を携えた網で子供は声を拾い続ける。
大人はこの町に居ますか。子供は私を大人と言います。子供は私を大人とは思えないと言います。私は大人とは何であるのかよくわかりません。私の拾っていた言葉とは何であったのでしょうか、大体からにして、一年と一年、移り変われられない私たち、それでも来年の私も、去年の私も延々に鼓動し続けている。今の私が鼓動していることと同義で。
『私は服を着ています。歯ブラシをします。飯を食います。風呂に入ります。自慰をします。サボります。本を読みます。音楽を聴きます。歩行します。漕ぎます。会話します。唾を吐きます。足蹴にします。見下します。戸惑います。無言です。叫びます。横になります。夢をみます。悲しくなります。自殺したくなります。矛盾します。やろうとします。意欲を失います。母の飯を食います。お金をおろします。お金を払いません。予約を取り消します。無下にします。空を見ます。こけます。本を投げます。髪を切ります。羞恥心を抱きます。高潔を望みます。働きません。学びません。歌いません。踊りません。動きません。呟きます。記入します。』
肉体に、手と足と頭と顔と尻と性器と背中と。内臓を忘れても、私は呼吸を忘れていない。
2009年とか2012年の友とともに網や竿を使っていたことを思い出す。
笑われるし、蔑まされることを怖れるし。そんなの嫌やし、離れたわ。
近づかないようにしてるわ。
今の区切り、2017年の区切りでやれることせななぁ。
2018年の区切りに入ったような錯覚、もうすぐやし。
私は私に拾ったもんでやらな、あかんわなぁ。
そう思うわ。
だから、窓開けて、寒いけれど。
有るんだよ、昔使っていたもんやけれど。
リコーダー。
ぴこぴこ吹いとくわ。
名物なるわ
田舎のね

 

父へ・私へ・息子へ・縷々転々

気づかせないでください
時を止めないでください
家族を止めないでください
夫婦を止めないでください
家事を止めないでください
友情を止めないでください
電気を止めないでください
労働を止めないでください
愛を辞めないでください
子供が泣いていていいんです
不自然な世界を見せないでください
嘘が嫌いだ。引け目がちな胸がぶるぶると緩い水玉のように微動する私。
私を気づかせないでください。
労働しないといけないんです。
労働への架け橋を壊さないでください。
私に気づかせないでください。
思考は歪んでいません。
足りませんでした。欲張りでした。
引きづられていますね。僕も母も父も祖父も祖母も。
僕たちの問題ですね。
僕に解決出来るものは解決します。
息子、娘。
私は気づかせます。私が気づいているのだから。
私は不幸で不順で愚かです。
あなたたちを気づかせる素質に満ちています。
私の才能を咲かせます。あなたたちの存在が私に気づかせます。
私はあなたを殴ります。蹴ります。呪います。唾を吐きます。
あなたたちに力はなく、あなたたちは私を呪い恨む。
子々孫々。これは私たちの宿命。
なにかを逃した。とても大切な、言葉。
テレビを破壊しましょう。本は燃やしましょう。家も燃やしましょう。親にはガソリンをかけましょう。
気づかせないでください。気づかせるなら、辞めてください。人間。
馬鹿。君になにが出来ると思うの。そんなこと、常に行われてきた。
確定事項にいつまでも頭を悩ませる君は偽善者
偽善者って好き。軽い言葉をあなたにあげる。本当のところ、よくわかんないし、どうでもいい。
生まれる奴は生まれるし、殺される奴は殺されるし、死ぬ奴は死ぬ。
私を救わないでください。私が願う道を教えないでください。
私に芽生えた草を伸ばしてください。
偽善者は辞めてください。私を殺した方が救いでした。
家族でいたいです。
一緒にいることが家族ではありません。
鼓動を辞めないでください。
別の女とヤってください。母を殴ってください。息子を殴ってください。
だらけてください。仕事辞めてください。酒飲みまくってください。
放ったらかしにし続けてください。生まれる価値などなかったと言ってください。
生きてください。あなたを生きてください。
お願いです。僕のお願いです。
偽善が一番傷つける。それしかなかったにしても。

 

 

 

TOHOシネマズなんば・本館

整えられた運命を運び屋どもが食われていく
目が惑わないように幾つもの口と涎にしゃぶられて
チョウチンアンコウがため息吐く
私は上空の記憶がない
世界を繋ぐはずの掃除機は響かない
運び屋どもは運命に縋り付いている
遅れた運び屋どもは空いた掃除機に消えていくが
先着の運び屋どもは誰一人それに気づいていない
掃除機は響かない
乾きと潤いを繰り返す運び屋ども
此処とは違う何処かの運び屋どもの運命の汗
滴り、舌舌!
どいつもこいつも舌が身体にとぐろ巻いてるのに
心地よいっ! ってか
無機質な容器、振動、定められた水面、チャプンチャプン
揺りかごから墓場まで
頭から影たる蛇は延々と滴り続ける
整えられた運命を捉えきれずに過分にあびた目が整えられた左右運動
ちょっと隣の美人さん
ちょっと隣の女子高生
ちょっと隣のキモオタ
異物だけだよ

運命を運ばなくてはならないから
俺は一人で歩けるようになった
他人を見ないように意識して歩けるようになった
横には誰もいないけどね

 

 

 

 

 

f:id:sotononaka:20171211030212p:plain



せせら笑い 内面

認めることの出来ないものは何の感情も掛けずにほったらかして人の連続に放り投げよう
人を虐げれば、あなたも虐げられる
だから?
しないようにしましょう
おかしな声
私は笑い声を世間に展開する
その私をみて、不快に感じたものが紙に認める
『あいつは不愉快』
私の周りに紙の束
少しキツい靴を履いて歩く私は紙束を踏んでは通過するけれど関係なし
人がみている
遠く、ビルなんて呼ばれない建物と建物の間から
私をみている
頼りなさそうに視野をぶらつかせ、私が手を挙げれば笑いながら哀しそうな表情を浮かべる男
気づいてしまった私はなにも変わっていない男に気づいて
せせら笑う

 

私は孤独を気取る
孤独であれば認める
私が生きることを認める
認められるけれど歩行は出来ない
私を認めないで歩行するとすごくふあん
ふあん
足りなさすぎることを認めずに
引きこもった
わるいひと

 

私の機能を無視して、
手に足りるものだけに歪んだライトを浴びせ
刻の泥みに続けられた私の全てよ
笑う笑う
あいつをせせら笑う
自分より醜く、弱く、叩きがいのあるものにはせせら笑う他ないものよ
ふふふふふふ
痛みを負わないための顔は此処まで機能しないのよね
此奴から痛みなんて来るはずがない
痛みを食らっても反撃可能
私の本質に気づかない程度の人間は軽蔑している
気づいているくせになにも言えない君を軽蔑している
気づいているくせにどうもしない私を軽蔑している
大きな嵐を浴びなくてはならない
生きるためには
理由は明確
まぁ浴びないけどね
地震戦争イスラム国エボラエボラ
太陽フレアとか隕石とかロケット核は勘弁
死なない程度に世界を破壊して
こんな思考の私は死んでも死ねないし、生きても生きられない
せせら笑う
私より弱い人間をせせら笑う
本質を叩け
揺れる水面の硬さを舐めている体内の識別されぬ壁なんて
私の鼓動の肌で呼吸させておくれ
甘えん坊
自分から生きる奴しか救われない
救う価値がある奴しか救ってはいけない
それから先を自らの脚で歩かなければならない
肉体を使わない人間なんて死ね
死んでるやつに死ねっていっても無意味か
ごめんね
せせら笑う
性器の巨塔
私は男
私は旅人
男は女のワガママで生まれたのよ
ふざけた妄言
しかし私の土地の当たり前を肯定せずに生きるならばまた私は別の言葉を大きく唱えて何処かに暮らしているはずだ
私の鼓動の肌
ゼロタイムに生きているか
単純に自殺出来るか
せせら笑う
引きこもるな
自らの虐げと叛逆を
良い子良い子
悪い子悪い子
掬い取るな
誇るな
言葉は意味をなくし
並びたてられた、たてられた
あぁ


地元
嫌な響き
舐めついた灰色の渦巻きが文字面に隠れて冷凍保存されている
嫌なんでクソふざけんなどうしてどうしてこんなところこんなやつと
飛び出さない引き篭もり誰かいるときそこを避けて誰もいない早朝を歩行して
コンビニに一歳上の弱ったらしい奴働いている
同級生とか下級生じゃなくてよかった
全然変わらず、こいつ大丈夫
ぷぷぷ
せせら笑う俺
こいつ気づいたかな
でも俺も同じ箱の中にはいっているって認識される?
彼の自意識美意識妄想逃亡性欲暴力自殺
言葉を唱えたからといって、何の意味ももたらさないから口を閉じておく
殴られることも笑われることも否定されることも無視されることも全て無理やり口を紡いだ苦しい言葉で満たされるから
出来れば解決できる言葉が僕の口から生まれればいいんだけれども
解決するものは僕の下に埋まっている
どうしようもないよ
自意識自意識
くだらない僕のような、僕の誰の目にもあてらない理屈倫理道徳政治構造生理
あなたもまた携えているんだろう
僕はあなたをせせら笑う
あなたは僕をふへへと情けなく俯き笑う
関係性は壊れない
僕はあなたを認識しながらただの店員として扱ったように
あなたも僕を気付きながら一人の客として自分の情けなさを涙を堪えながらレジを打ち込んだんだ
どうでも良いよ
僕はあんたなんてどうでもいい
みんなどうでもいいんだ
他の人と一緒で
どうしてこんなことを書いているんだろう
どうでもいいのに
心臓の鼓動は聞こえない
肉体は無駄な脂肪を携えていて
どうでもいいのにツイッターみて
プロ野球まとめサイト見て
進まない小説を読もうとして
縁もない課題の歌を歌って
眠くもないのに明日のことを考えて寝て
私の鼓動の肌で生きたいわけではないが
だから此処に、同じ現在意味をもたらさない場所にいるのに
私はなにか時々大事なことに気づく
こうして書いているときにも一つ、ものにしなければいけないなにかと
出会ったはずなのに
成功したいの
立ち上がりたいの
一旗あげたいの
そうではない
観客から変貌
少なくともそうするのならば
この町の道徳から卒業しなければならない
道徳に篭り消された前時代の私の言葉をもって
現代の素敵な人間に捕縛され処刑されなければならない
全田舎者よ、裁判されよ
全田舎者の中の選ばれし田舎者よ、裁判だ
古っくさい経験を逃れ、せせら笑うお前だ
裁判だ
処刑だ
死ね
死ねよ
それから明日
ギロチン飛んだ首で朝日
いや夕日みて
その首で飛び跳ねたらいいじゃん
首だけで生きる
頭、脳もついているから大丈夫
口と目と耳と脳があるから大丈夫
足と手なんていらん
首はジャンプ可能だからなんとかなる
っていうか今の身体でどこまでまともに生きてるの?
少なくともなにもしない引き篭もりよ
可能性を行使出来ぬ引き篭もりよ
ジャンプして生きる首の方が強いよ
生きない奴よりはね